クーリングオフについて

「契約後に、親やカレシに話をしたら猛反対された」
「急な転勤の話で引越さなければいけなくなった」
「冷静に考えてみると、ちょっと不安になった」

など全身脱毛サロンと契約をしたけれど、やっぱり辞めたい!とあなたは思うのかもしれません。

答えを先に言うと、契約から8日以内にサロンへクーリングオフのハガキを出せば、返金されます。

クーリングオフの目的は”消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された制度”のため、納得できなければ契約解除できます。

つい話が盛り上がって、その場の雰囲気で申し込みをしてみたものの、自宅に帰ると買い物熱がさめてしまう・・・

なんてことよくありますよね?

「電話で伝えたほうがいいのかな・・・?」

と思うかもしれませんが、解約止めをされるかもしれませんし、「言った・言わない」の水かけ論になるため、ハガキを出しましょう。

あなたがせっせと働いた大切なお金ですから、ここは面倒くさがらずに読んでみてください(´・ω・`)

脱毛サロンのクーリングオフの条件は?

  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が5万円以上
  • 契約をした日から8日以内

「8日目に手紙を出したら、9日目に届くけれど、それって大丈夫?」

郵便局では「消印」といってハガキに日付を押印してくれるため、8日目でも証拠が残ります。

また、念のため、簡易書留で送りましょう。

手紙をポストに入れたほうが楽ですが、もし未達の場合証拠が残りません。

郵便局の窓口で「簡易書留でお願いします」といえば+300円で配達してくれます。
(※相手に届いた証明でき、ネットから追跡も可能)

また、原本であるハガキが残らないため、コンビニなどで両面をコピーして保存しておくことをオススメします

一ヶ月未満、5万円未満の場合は?

できません。

しかし、それはあくまでも法律にのっとったルールのことです。

ですが、脱毛サロンによっては「解約・返金OK」といったお店もあるため、一度お店へ確認してみてください。

医療系の脱毛は対象外

エステ全般(※痩身、脱毛など)はクーリングオフが可能ですが、レーザー脱毛などの医療期間で受ける契約については対象外となるため注意が必要です。

最近、脱毛サロンが流行っている原因に、この医療系脱毛対象外があるのかもしれませんね。

クレジットカードで契約した場合は?

「クレジットカード払いだから、サロンとカード会社両方に出すの?」

と思いがちですが、よほど悪質なお店でない限り、脱毛サロンがカード会社への解約処理を同時にしてくれます。

ただ、どうしても心配なようでしたら、クレジット会社にクーリングオフをした旨を伝えて、対応策を聞きましょう。

脱毛サロンの無料カウンセリングで即決をしないこと

当サイトで紹介する脱毛サロンは「しつこい勧誘がない」お店しかチョイスをしていません。

とはいえ相手もやんわりとした口調で「いかがですか?」とひと押ししてこないとは言い切れません。

そのため、「初回カウンセリング後には契約をしない」、もしくは「○○が解説したら、申し込む」など事前に指針を決めておけば、悩む必要はなくなりますよ。

>>全身脱毛が安いおすすめサロンはどこ?(*≧∀≦*)へ戻る