「高いお金を支払ったのに、実際は予約がほとんと取れない」
「次の予約は3ヶ月先と言われた」
「安いから仕方ないのかな・・・」

脱毛サロン全般、特にミュゼは予約がとりづらい面があります(;^ω^)

両脇・Vラインを500円という格安で提供し、
どんどん宣伝しちゃったせいですね^^;

「全国に店舗が178店舗以上もあるから、どこかに通える!」

と言う人がいますが、半分正解で半分ウソです。

東京や大阪など都市部でしたら、これから紹介する方法で予約を撮りやすくするための方法をご紹介できますが、地方だと難しい面もあります。

例えば私の地元は群馬県という田舎ですが、
高崎駅の店舗へ行くために車で30分かかり、もしそこがダメなら隣町まで60分かかるため、気軽に行ける距離ではありません。

「な~んだ、やっぱり無理じゃん!」

とあなたはヽ(`Д´)ノかもしれせんが、対処方法を今からご紹介しますので、
参考にしてみてくださいm(_)m

3つの対処方法

①施術日前から次回の日取りを決めておく

脱毛の施術後に次回の来店日を決めるわけですが、
その場でなんとなく答えると、後でキャンセルする確率がアップします。

そこで、あらかじめ「この日ならOK」という日時を設定することで、
ムダに悩むことがなくなります。

②朝、昼、晩 スマホでWEB予約をチェック

ここ3年くらいの間に、
各サロンともにスマートフォンでWEB予約ができるようになりました。

そのおかげで「どの店舗の空いているのか」簡単にチェックできます。

通勤や通学途中、お昼休み、自宅に帰ってから、
とスマホで朝昼晩こまめに確認することで、意外と空いている店舗は見つけやすくなります。

③キャンセル待ちを狙う

それと”キャンセル待ち”を狙う方法があります。

ミュゼは特に遅刻に厳しく、どんな理由であっても10分の遅刻で予約取り消しになるため、ピンポイントで空き時間帯がよくできますね?

ただ、大半の人がこの方法を取るため、直接サロンへ電話をして質問してみる、といった裏ワザもありますよ~

※ネット上の予約状況が反映されるまで、時間がかかるため

「どうせ混んでるから、意味ないでしょ・・・」

とあきらめる前に、ちょくちょくスマホをチェックしてみてください。

④予約がとりづらいサロンにはいかないこと

「店舗移動ができるサロンを選んで、人気が集中する店を避ければ大丈夫」

といった話をちらほら聞きますが、ほとんどの人が同じことを考えています(;^ω^)

そこで、こんなことを言ってしまうと身も蓋もないですが、
そのサロン自体にいかないのがベスト。

私が”脱毛ラボ”を選んだ最大の理由はここにあります。

また、銀座カラーもかなり予約が取りやすいため、オススメできますよ。

混みやすい曜日と時間

平日:夕方17時以降~
土日祝日:全時間帯

平日は学校帰りの女子大生や、
仕事が早く終わったOLさんなどで混み合う時間帯です。

少しでも時間に融通がきくようであれば、時間をずらすことをおすすめします。

※といっても、難しいよね~

脱毛サロンが混みやすい時期

1年を通して、毎日ドタバタしているのではなく、
混みやすい時期があります。

①夏前(※5月~7月あたり)

露出が多い服装でワキが気になったり、プールや海でビキニ姿になるため、Vラインの無駄毛が気になる前に対処をする時期です

年間でもっとも混雑をする時期と言えます。

②クリスマス前(※12月)

キリストの誕生日なのに脱毛? と不思議に思うかもしれませんが・・・

やはり彼氏の前で(≧∇≦*)、発表をするためですよね。

それに合わせて各サロンはクリスマスキャンペーンを行うため、より拍車がかかり、脱毛難民が増えるようですね。

③1月~3月と9月~11月は安定

①②と比べると予約は取りやすいです。

しかし、地方など店舗数が少ない場合は、
一極集中で込み合ってしまう可能性もあります。

>>全身脱毛が安いおすすめサロンはどこ?へ戻る